藤島神社歴代宮司について

  • 2011.01.10 Monday
  • 20:16
ちょっと調査しなくてはならず、ついでに歴代宮司についてまとめました。


●藤島神社歴代宮司(代数・名前・ふりがな・生年〜没年・在任期間・前職―後職の順)


初 代 小鹽 良景(おじを・よしかげ)生没年など不詳
明治9年11月23日―明治14年5月14日 白山比弯声匍椹福宿毀


2 代 大館 尚氏(おほだち・ひさうぢ) 天保7年6月2日〜明治30年4月21日 福井県出身
明治14年11月12日―明治29年5月 藤島神社禰宜(元藤島神社権宮司)―不明
 

3 代 今井 清彦 (いまい・すがひこ) 萬延元年5月10日〜大正11年10月4日 三重県出身
明治29年5月18日―明治37年10月15日 氣比神社宮司(本務)―氣比神宮宮司、神宮少宮司、(伏見)稲荷神社(大社)宮司など


4 代 加納 利亮(かのう・としあき) 文久2年10月25日〜 福井県出身
明治37年10月15日―大正2年3月19日 藤島神社禰宜―若狭彦神社宮司


5 代 馬塲 鶴雄(ばば・つるを) 萬延元年12月20日〜 福井県出身
大正2年3月31日―昭和4年3月5日 福井県高等女学校長―福井県社・神明神社社司


6 代 二宮 正彰(にのみや・まさあき) 明治27年1月19日〜昭和56年5月16日 富山県出身
昭和4年3月5日―昭和7年4月16日 橿原神宮権宮司―函館八幡宮宮司、吉田神社宮司、生國魂神社宮司など


7 代 佐藤 東(さとう・あずま) 明治28年12月15日〜昭和63年7月17日 大分県出身
昭和7年4月16日 ―昭和9年3月26日 波上宮宮司―竈山神社宮司、神宮禰宜、富士山本宮浅間大社宮司など


8 代 片岡 常男(かたおか・とこお) 明治28年8月30日〜昭和35年2月2日 岡山県出身
昭和9年3月26日―昭和14年8月26日 北畠神社宮司―白山比弯声匍椹福宮崎神宮宮司など


9 代 横井 時常(よこい・ときひさ) 明治39年2月19日〜 愛知県出身
昭和14年8月26日―昭和15年12月27日 鶴岡八幡宮禰宜―神祇院教務官、靖國神社権宮司、広島護國神社宮司、近江神宮宮司など


10代 礒部 稜威雄(いそべ・いつを) 明治26年6月25日〜昭和55年5月7日 山口県出身
昭和15年12月27日―昭和19年3月14日 宮崎神宮禰宜―神奈川縣祭務官、野田神社・豊栄神社宮司、忌宮神社宮司など


11代 安齋 二郎(あんざい・じらう) 明治38年10月22日〜昭和55年1月28日 東京都出身(福島県)
昭和19年3月14日―昭和55年1月28日 神宮権禰宜―(逝去)


12代 杉原 永綏(すぎはら・えいすい) 大正8年7月20日〜 福井県出身
昭和55年8月20日―昭和58年4月1日 日吉神社宮司―日吉神社宮司(本務)


13代 上島 清彦(うえじま・きよひこ) 大正11年2月20日〜平成7年4月6日 福井県出身
昭和58年4月1日―平成7年4月6日 大瀧神社宮司―(逝去)


14代 山本 隆重(やまもと・たかしげ) 昭和22年1月13日〜 福井県出身
平成7年8月10日―(至現在) 福井神社宮司
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM