新嘗祭の斎行

  • 2010.11.23 Tuesday
  • 17:14
 本日、当社責任役員、丸一会会長以下がご参列になり、御神前に新嘗祭を執り行いました。

 といいますのも、この御祭儀は本来官社たる当社にとっては重要な大祭なのですが、近年久しく中絶しており、官祭の古儀に照らし、なるべく元の形に近づけるように儀式を復興中であり、まづ御祭儀を執り行わなくてはならないことから、整ってはおりませんが社伝古式のままの祝詞文に復して祭典を執り行いました。きちんとした形となるのは、次年以降の懸案であります。



 そもそも新嘗祭(「にいなめさい」、又は「しんじょうさい」とも言います)とは宮中祭祀の一つで、収穫祭にあたります。

 今日11月23日に、天皇陛下が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)にお進めし、また陛下御自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する御祭儀です。場所は宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われます。全国の多くの神社でも、この日にこの祭典が行われています。

 古来日本では五穀の収穫を祝う習俗があり、その年の収穫物は国家としてもその後一年を養う大切な蓄えとなることから、大切な行事として飛鳥時代の皇極天皇の御代に始められたと伝えられています。中絶していました時期もありますが、元禄時代の東山天皇の御代に復興されました。

 なお、明治5年(1872)に太陽暦(グレゴリオ暦)が採用される以前は、旧暦(太陰太陽暦)の11月第2回目の卯の日に行われていました。

 明治6年(1873)の改暦以降の年から昭和22年(1947)まではこの祭儀のために祝祭日となっていましたが、その後も現在に至るまで「勤労感謝の日」として国民の祝日になっています。

 律令制度の下では9月11日に神嘗祭(かんなめさい)、11月の最初の卯の日に相嘗祭(あいなめさい)、2番目の卯の日には新嘗祭を行うことになっていました。

 また、この新嘗祭のうち、天皇が即位してから最初に行うものを特に大嘗祭(おおなめさい)といって実質的にその天皇の即位を天下に知らしめる大規模な祭典でした。

 現在では伊勢の神宮では10月の15〜25日に神嘗祭、11月23日に新嘗祭、宮中では10月17日に神嘗祭、11月23日に新嘗祭が斎行されています。

 今ではそのようなことを言う方も少なくなりましたが、その年の新米は新嘗祭が終わるまでは誰も食べないというのが古来の習慣でした。現在は9月頃からスーパーでは新米が出始め、みなさんは何も考えず召し上がっているのですよ…。





        








 

御例祭の斎行

  • 2010.08.25 Wednesday
  • 12:15
 宮川庁長が献幣使として参向の上、例大祭が執り行われました。

 奉賛会の皆様、崇敬者の皆様、ご一族の皆様多数のご参列のうえ、また市内から神職の皆様のご助勢をいただき斎行されました。

野村凱風先生

  • 2010.07.18 Sunday
  • 17:04
 本日、全国居合道連盟 第2回北陸地区大会が開催され、野村凱風先生の33回忌追善の祭事を営まれることとなり、ご奉仕に上がりました。

 場所は福井県立武道館です。















水無月大祓 茅の輪設置

  • 2010.06.25 Friday
  • 15:33
 本日、月末の大祓式の茅の輪が設置されました。





末社・秋葉神社例祭斎行

  • 2010.06.24 Thursday
  • 16:44
 末社の秋葉神社例祭を執り行いました。

 この御社は、地元・西木田地区のうち、不動上町の町内会の皆様のお守りいただいております神社です。

 当社の境内地ながら、山中にあるため、拝殿にて遥拝祭を執り行い、祭典後に山中へ参拝します。(崖の上であり、祭場も無いため、やむを得ずこのような形となります)





藤島神社左義長祭

  • 2010.01.17 Sunday
  • 15:45
藤島神社も10時より左義長祭を行いました。

朝の新田塚の祭礼は良いお天気だったのに、帰ってきてこちらの祭典をするときになって、…吹雪でした。(写真ではあまり分かりませんが…)


まあ、無事に修めましたが。



秋季皇霊祭遥拝式

  • 2009.09.23 Wednesday
  • 17:29
 本日はお彼岸です。

 宮中では秋季皇霊祭・秋季神殿祭の儀(皇霊殿・神殿)が斎行されておりますので、国内の神社では秋季皇霊祭遥拝式が執り行われました。

http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/h21/gonittei-1-2009-3.html(宮内庁のHPを参考に)

秋季皇霊殿遥拝式

幣饌料奉納奉告祭を斎行

  • 2009.06.07 Sunday
  • 22:07
 本日午後3時30分、当社御神前におきまして、天皇皇后両陛下から御下賜になりました幣饌料(へいせんりょう)奉納奉告祭を斎行申し上げました。
 これは、このたび第60回全国植樹祭が当県で開催されるのにあわせ、両陛下が行幸啓遊ばされましたので、福井県内の旧官国幣社と指定護国神社へ幣饌料を御下賜になられました。該当神社は慣例により臨時祭として「幣饌料奉納奉告祭」を斎行するか、一番近い月次祭などの祭典に併せて奉告祭を斎行することになっています。当藤島神社では本日臨時祭を斎行することとなり、責任役員他の参列をいただき、無事に祭典を御奉仕申し上げました。
幣饌料奉納奉告祭

幣饌料を唐櫃から仮案へとお進めする禰宜
幣饌料を仮案へとお進めいたします

宮司、幣饌料を大前へ奉奠
宮司が大前へ幣饌料をお供えいたします

巫女舞の奉奏
大前へ巫女舞を奉奏いたしました

祭典斎行後、社頭にて記念撮影
祭典斎行後、社頭にて記念撮影

藤島神社記念祭

  • 2009.05.22 Friday
  • 17:34
 今日は当社で記念祭(きねんさい)が11時から斎行されました。

 記念祭とは、御祭神・新田義貞公が建武中興の砌、北條氏の鎌倉幕府を攻め滅ぼした日です。まさに記念の日なんです。

 大祭ですので、宮司以下正服(衣冠)を着装の上、ご奉仕いたしました。しかし、当社の神職だけではなかなか難しいので、市内から縁故神社の神職さんにご助勢いただいて、奉仕神職7名、責任役員以下参列者約50名の中、ご奉仕が叶いました。
 心配だった雨も大神様のご加護のもと、難を逃れ、無事祭典を奉仕することが出来ました。
 志賀社中による献花
※なお、今日は祭典の写真を撮影したりすることが出来なかったため、献花の写真は祭典終了後、別の場所で撮影したものです。

神幸祭第1日目

  • 2009.05.20 Wednesday
  • 18:43
 
 今日は神幸祭の第1日目で、福井市内を御神輿が巡幸し、奉賛各社や各家庭のご祈念を申し上げました。


 奉仕の様子は撮影できなかったため、車に乗って巡幸する御鳳輦


 御鳳輦のご祈念を受けられる会社などは、このお札が正面玄関へ貼ってあります。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM